プロフィール

スピリチュアルカウンセラー 西村香り(旧姓高野かおり)

 

はじめまして

スピリチュアルカウンセラーの西村香りです。

 

私は現在、福岡で女性の心と体の癒しサロンを経営しており、これまで6000人以上の方を幸せに導いてきました。

また、スピリチュアルカウンセラー養成スクールと心理アロマ協会の代表も勤めており1000人以上のセラピストやヒーラーやカウンセラーを育成し講師としても全国で活躍しています。

 

突然ですが、あなたは人生が上手くいっていますか?

人生をうまくいかせるには本当の自分(魂の目的)を知ることで、そうすれば愛もお金も仕事での成功も、思い通りの人生を手に入れることがでるんです。

でもわたしはそこにたどり着くまでに20年もの歳月を費やしてきました。

そんな私のこれまでの経験を活かして、一人一人が幸せになって頂くことがわたしの使命だと思っていますので、どん底の人生がどんなふうに望み通りに変わっていったのか、ぜひ読んでみてくださいね。

 

第一の目覚め

私は喧嘩の絶えない両親の元に生まれ、私自身も否定されて育った事で、自分が本当に嫌いだったし、生きる事が苦しくていつも死にたいと思っていました。

そんな私の唯一の心の拠り所だったおばあちゃんが幼稚園の時に亡くなくなり、その日に最初の魂の目覚めを体験したのです。

それは、お葬式で慌ただしく人が出入りしていたため、伯父さんが私と姉をドライブに連れ出してくれたときに起きました。

 

私は車の後ろの席に座っていて、いつの間にか寝てしまったのですが、いきなり圧迫されるようなエネルギーを感じた瞬間、自分が消えて無くなるような感覚を体験したのです。

時間にすると数分くらいの出来事でしたが、何が起こったのか理解できずにいました。

 

しかし、その経験後から私の意識に変化が起こりはじめたのです。

例えば、庭の木に触れると深い安らぎのエネルギーを感じると同時に一体になる感覚がありました。

それば、庭の木が亡くなったおばあちゃんの変わりをしてくれているかのように優しく包み込んでくれるのです。

だから、私にとって辛い時があれば庭の木に登り癒してもらうことが普通だったし、どんな木ともすぐに友達になることができました。

また、木に登り空を見上げては早く本当の家族が迎えが来ないかと待っていました。

 

第二の目覚め

そんな私も高校を卒業して就職したものの、20才のときには恋愛も仕事もうまくいかず生きているのが苦しくて、死を決意したことがあったんです。

そこで、両親に最後の別れを告げようと遺書を書いていたら突然、雷に打たれたような衝撃が起こりました。

その瞬間、これまで育ててくれた親に対する感謝の気持ちと生かされている事の有り難さに「気付いた」のです。

 

数秒前までは、死ぬ事が苦しみから抜け出す唯一の方法だと思っていたのに、180度意識が変わり、自分と同じように苦しんでいる人の役にたてる存在になりたいと志した瞬間でもあったのです。

しかし、その当時はどうしたら人の役に立てる存在になれるのかわからず月日は流れ23才で結婚して地元を離れ引っ越すことになりました。

自分の使命に気付く

最初の結婚相手は転勤族だったため、結婚して身寄りのない土地で暮らすことになりました。

最初は知らない土地での生活が新鮮に感じられていたのに、帰りの遅い夫を待つだけの生活は孤独と寂しさの戦いで、これが私の人生かと思うと将来に対して希望が持てなくなり鬱になったのです。

 

異常な眠気と倦怠感が続き、肩こり、腰痛、節々の痛みが起こり食欲もなくなり1日20時間以上も寝る状態が半年も続き体重も30キロ台に落ちガリガリでした。

「このままだと廃人になってしまう!」

そんな危機的状況に追い込まれ、離婚して沖縄に帰った方がいいか?霊能者の先生に相談に行ったのです。

そこで、霊能者の先生から思ってもいなかった言葉を告げられたのです。

 

それは、私の前世は世の中を変えようとしていた人だったとか、はじめて会った霊能者の先生とも前世で仲間だったことなど教えてもらったのです。

家族に馴染めない、学校のルールに従えない、社会のルールに反発してしまう自分の存在は、一般的な枠には収まらない存在だったと知ったのです。

先生の元で勉強するうちに、私の霊能力も開かれ国内や海外まで聖地を巡礼する旅がはじまりました。

その一方で、手に職をつけたいと思いカイロプラクティックと東洋医学を融合した治療院に弟子入りしたのです。

 

東洋医学には陰陽五行という思想があり心の状態は体に表れるという考えがあります。

私自身も精神的な落ち込みから鬱病になり、動けなくなった経験から心と体は繋がっているという考えが自分の身をもって理解できました。

 

もともと極度の不安症でもあり、そんな苦しみから逃れたくて結婚したものの、幼少期からのトラウマが改善できていない事が影響していたのです。

しかし、そのお陰で私と同じように、苦しんでいる人の為に役に立ちたいという目標が生まれたのです。

それから、アロマ、自然療法、カラーセラピー、心理カウンセリング、ヒーリング、チャネリング、エネルギー療法など様々なことを学ました。

 

その後、夫の転勤を期に別居することを決め癒しの専門サロンを開業したのが15年前です。

 

「魂からの声」や「体からの声」をお伝えするスピリチュアルカウンセラーとして、口コミや紹介でオープンから数か月で軌道に乗せることが出来ました。

 

人生最大のピンチから成功へ

そんな喜びもつかの間、信頼していた人に騙され必死で貯めたお金を失ってしまったのです。

この先どうやって生きていけばいいのか?人生最大の試練を受け入れることができず最初は相手を責めてばかりいました。

 

しかし、そうなった原因は自分にもあったのだと気付き、自分自身を見つめ治す為にあるセミナーに参加したのです。

そこで学んだことは、人生とは自分の魂を成長させる場所であり魂の目的に沿って生きないと、方向修正させるために困難を生じさせるというのです。

 

何故、私の人生がうまくいかないのか?その理由は、魂が導こうとしている生き方をしていなかったからだと気付くためだと理解できたのです。

当時の私は自分の感じていることや、考えていることに自信が持てず、周りに合わせるタイプの人間でした。

そんな風に、自分を尊重できない生き方を変える必要があったのです。

 

自分の意識が変化したことで、それまでのカウンセリングとは違った導きかたができるようになり、失ったお金をわずか3ヶ月で稼ぎ出したのです。

その後も、心理学、潜在意識、内観療法、DNAの活性やエネルギー療法など最先端のヒーリング技術を身につけ潜在意識を書き換えるヒーラーとして全国で活躍できるようになりました。

希望通りの年収を得て、海外旅行にも自由に行けるようになり、自分の望みを全て叶えられるようになったのです。

 

魂の目覚めからソウルメイトとの出会い

同時に自己探究は続き、42歳でインドに行った時に完全に「全てと一体になる」という感覚を経験しました。

その経験から言えることは、この世界には自分だけしか存在していないということです

空も大地も宇宙も全てが「私」という感覚なんです

 

そこには個人としての自分は存在しておらず、全体が自分という世界なんです。

ワンネスを経験してわかったことは全てが自分の意識ならば「自分次第で人生は創造できる」ということです。

 

自分がこの世界を創っているのだから、本当に望む生き方をしようと別居していた夫との別れを決意し、次の目標を運命のパートナーと出会い結ばれることに設定したのです。

ちょうどその頃、私のこれまでの経験と知識をオリジナルのコンテンツにし、全国で展開していこうと動いており、一緒に協力してくれる人を求めていたのです。

 

そんなタイミングに現在の主人と出会ったのです。

もともとは、医療、介護、施設経営などで活躍していたり、心理相談などの業務に精通していた彼の経験や知識は私には有難い存在でした。

色んな話をするうちに、私たちは同じ使命を持っているソウルメイトだったと気付いたのです。

しかし、出会った頃の彼は鬱や白血病という難病も抱え大変な時期でした。

そこで、彼の病気を克服しながら私の開発した「心理アロマセラピー」を普及させるという二人三脚の生活をスタートさせたのです。

 

生きるということの試練

主人と会うまでの私は、孤独と寂しさで一杯でした。
だから、同じ使命に向かって共に歩んでいるという感覚は、これまでにない安らぎや安心感が得られたような気がしました。

そんな矢先に、二人の間に子供を授かったのです。

45歳という高齢出産・・・悩んだけれどこの子を産むことが私の運命でもあると生む覚悟を決めたのです。

 

とは言え、死と隣り合わせの彼と乳飲み子を抱えながれ生活するのは本当に大変でした。

しかし、自分が現実を創っているのだから、絶対に変えられると信じ、自分自身が「心理アロマセラピー」を行い続けたのです。

その結果、どうでしょう!!

彼と出会って3年目の年商は3000万を超え、海の見える最上階のマンションにも引っ越したのです。

それだけでなく、夫は鬱も難病も改善し社会復帰も果たすことができました。

お金だけでなく、支えあえるパートナーと一緒に求めていた人生の幸せを手に入れたのです。

 

私が開発した「「心理アロマセラピー」」とはアロマの香りを使ってマイナス感情や思考を解放する方法です。

この方法が、本当に役に立つものかを実践・検証を続けてきて、既に1000人以上の方に体験して頂いた結果、何処に行っても改善できなかった方でも驚く早さで変化しているんです。

 

また、悩みが解決するだけでなく現実も変化されセッションやセミナーを受けた方からは

・年収が何倍もアップした。
・理想の恋人をゲットした。
・溺愛されるようになった。
・冷めてた夫婦関係がよくなった
・自分の願いが叶うようになった
・毎日が充実できるようになった。

等、喜びのお声を多数頂くようになったのです。

精神的豊かさも物質的豊かさも引き寄せらる、この方法を一人でも多くの方にお伝えしたいと考え2019年に「一般社団法人心理アロマ協会」を立ちあげたのです。

 

覚醒プログラムの開発

話しを戻すと、ワンネスの意識を経験した私は現実を生きている不完全な自分と、完全な存在であるというもう一方の自分を同時に感じていました。

それは、凄くギャップがある感覚でどっちが本当の自分なのかというともちろん後者の私です。

そこで、私の中に疑問や葛藤が生まれました。

本当は完全な存在なのに、現実の世界では苦しみや痛みを経験しなければいけないのか?

 

私が出した答えは、「苦しみ」とは現実を創り出しているのは自分なんだと気付くためのプロセスなんです。

だれでも表面的な意識では幸せになりたい、理想を叶えたいと思っているのですが、潜在意識ではそれとは反対のネガティブな感情や思い込みがあります。

だから、本当の自分に目覚めるためには。潜在意識を解放する必要があります。

また、潜在意識を解放することで、自己愛や自己肯定感を育んでもらい、完全な存在であるという自分に目覚め頂くことができるのです。

 

これまで書いてきたように、自分自身も様々な苦労を経ながら、その経験から沢山の方を魂の本質へと導いてきました。

しかし、まだ本当の目覚めへと導くには何か物足りなさを感じていたんです。

それが何かはわからなかったんですが、2021年の3月に私を導いている存在から五次元の覚醒エネルギーがおろされたことでさらに自分が伝えたいことが明確になったのです。

 

私がみなさんを導きたいのは、苦しみを経験した先にある愛や喜びに溢れた世界であり、人類がまだ到達しえなかった新しい世界です。

そのためには、人類が経験してきた全てのカルマを解放し本来のあなた自身へと目覚めさせてくれる覚醒エネルギーが必要だったのです。

それは「人の魂を目覚めさせる」という私のミッションを達成するためにおろされたエネルギーでもありますが、それによって地球を存続させるサポートにもなります。

 

だから、一人でも多くの方にお伝えし魂の本質に目覚めてもらい共に次元上昇する必要があるんです。

そこで、これから私たちはどのような生き方をすれば良いのかを電子書籍にてまとめました。

 

今すぐ無料で読む

 

🌺今なら初回セッションが半額に!🌺

ここまでお読み頂いたあなたも興味があれば、是非ダウンロードしてみてください。

あなたの人生と魂の目覚めにお役に立てたら幸いです。

今後の私の夢

平和な世の中や地球のために
同じ志の仲間を目覚めさせていくこと

悲しみや苦しみの連鎖を断ち切り
新しい時代を創造&再構築していく

(座右の銘)
※人は決して一人では生きていけない
※人は悟ると謙虚にしかならない
※自分の意識が変われば世界を変えられる

(私の好きなこと)
・海や自然が大好き
・家族と過ごす時間
・新しい学びの発見

 

資格・経験

日本療術健生学院 療術師認定
自然療法スクール「カーネリアン」卒業
JAAアロマ協会インストラクター認定
AEAJアロマ環境協会インストラクター認定
カラーセラピスト認定
西洋レイキティーチャー・直傳霊気
ドルフィンスターテンプル(国際認定ヒーター)
アクシオトーナルアライメント・アドバンス
シータヒーリング サイエンス認定
アクセスバーズボディプロセス
統計心理学インストラクター認定

セッション内容

すべてのセッションにこれまで習得したあらゆるノウハウを組み込んでいます

(スピリチュアルカウンセリング、五次元の覚醒ヒーリング、未来リーディングなど)

各種プログラム内容

・心理アロマセラピスト育成講座
・潜在意識マスタープログラム
・5次元への覚醒プログラム
・スピリチュアルカウンセラー養成講座

関連事業

「一般社団法人心理アロマ協会」

 

「yahoo占いアプリ」

 

「沖縄リトリート癒しツアー」

 

メディア情報

書籍情報

「あなたの望みを叶えてくれるスピリチュアルの達人ベスト83人」(発行:三楽舎 発売星雲社)

雑誌情報

女性誌『FRaU』掲載

 

「大ヒット商品はこれだ!」掲載

 

《シティ情報Fukuoka》体を動かすフィットネス 2016年3月号掲載