今すぐできる!自己肯定感を高める3つのワーク

自分に自信がないとか、自分を変えたいけど何をどうしていいか解らない

と悩んでいる方って多いのではないでしょうか?

でも、大丈夫!

この「自己肯定感を高める3つのワーク」を実践すれば実現します!

 

これまで多くの方の人生を変えてきたスピリチュアルカウンセラー西村香りがその方法を教えていきたいと思います。

 

自己肯定感を高める答えは自分の「使命」「役割」に気づくこと

 

人生を変えたいと考えている多くの方は今の環境や、自分自身に満足していないことが原因であったりします。

そもそも、自分は何の為に生きているのか知っていますか?

自分の存在理由を知っている人と知らないまま無意味に毎日をやり過ごしている人とでは日々の充実度が全然違ってきます。

スピリチュアル的な言い方をすると

あなたの「使命」とか「役割」が存在理由になります。

 

自分の使命や役割が解っていると自分の役割を果たせる場所に自然と身を置くようになります。

自分の役割を果たそうと努力することで心の充実度が違ってくるのです。

もし、あなたが

  • 本当の自分を生きてない
  • 今の仕事は自分のやるべき事ではない

と思うならあなたの使命や役割に沿った生き方や環境に身を置いていないのかもしれません。

 

とはいえ、「使命」や「役割」を知る為には時間がかかります。

何故なら、それらに気付くためにはあなたの魂の成長度合いが関係します。

 

「魂の成長」って試練のような面倒臭い感じがするかもしれませんが、

物事の見方や考え方を変えるだけでいいのです。

しかも、既に「サイン」は送られていますのでよ~く考えていくと「これかな~?」ってものが見えてきます。

 

最悪な出来事から自己肯定感が生まれました(実話)

例えば私の場合、自分の人生があまりにも辛く感じて20代の前半頃本気で死のうと遺書を書いたことがあります。

遺書を書き終えたら、この世を去るつもりでいたので両親に対して最後に伝えておこうと思った言葉は、意外にもこれまで育ててくれた感謝や先立つことのお詫びの言葉でした。

あんなに憎んでいたはずなのに、恨みつらみを書くはずがもう二度と会えないと思ったら涙がボロボロ止まらなくなって・・・

本当は大好きなのに、私の苦しみを理解してくれなかったことが悲しくて、意地を張ったまま素直な自分を表現できなくなっていたのです。

それと同時に何故か生まれた時の話を思いだしていました。

 

私は未熟児の仮死状態で生まれたことで、助かる見込みは半々だと医者に言われたけれど、たまたま総合病院に入院していて、医療設備が充実していたから助かったとのことでした。

こんなに苦しい人生なら、助からない方がましだったとずっと思っていました。

この世に存在していることは間違っているとさえ思っていたのです。

ふと、実は何らかの理油で私は生かされたのではないか?

と、思ったら「まだ死にたくない!!まだ自分のやりたいことを何もしていない!!生かされた人生なら、もっと大切にしなければ」と思ったのです。

 

人生であんなに泣いたことはないと思えるくらい色んな感情が入り混じった涙でした。

その気付きによって憎しみの感情は「感謝と喜び」に変化し、新たに生まれた価値観は「自分の人生を大切に生きる」でした。

 

一度は諦めかけた人生でしたがその苦しみがあったからこそ、これまでとは違う生き方で幸せを手に入れたいと思ったんです。

過去の恨みつらみを引きずって不幸を背負って生きるのでなく、希望を持って前を向いて生きようってね。

180度意識が変わり、一瞬にして生まれ変わったようでした。

 

その経験から自分と同じように苦しんでいる人がいるなら、その人の苦しみを取り除くこともできるかもしれないとカウンセラーの道を志しました。

私の使命は苦しみを取り除くことだったのです。

それから20年以上、経験を重ねてきました。

もしあなたが何らかの苦しみを感じているのなら、是非一緒にワークを行っていきましょう。

 

今すぐできる!自己肯定感を高めるワーク

 

やり方はとても簡単です。紙と筆記用具をご準備下さい。

ワーク1:人生の転機となる出来事を書き出す。

ポイントはこれまでの人生で転機となった出来事です。

良いことも悪いことも含めて○○によって自分の考え方や生き方が変わったと思える出来事を思いだしてみます。

思い出したら紙に書き出していきます。

 

例えば・・・

病気、リストラ、いじめ、家族との死別、大切なものを失う、人との出会い、映画など・・

辛い出来事を思い出すことは苦しい作業かもしれません。

しかし、その苦しみをこのワークで手放すつもりで頑張って下さい。

それらを書き出したら、その出来事によって自分が感じてた感情や価値観も書き出してみます。

 

例えば私のこんな感じ↓

・子供を産んだこと
感じた感情は「感謝」であらたな価値観は「親が子供を大切に思う気持ち」

・騙されて大金を失ったこと
感じた感情は「悲しみ・怒り」あらたな価値観「信じた自分がバカだった」

という風に幾つだしても問題はありません。

 

ワーク2:マイナス要素・プラス要素を書き出す

一つの出来事の中でもプラスの要素もマイナスの要素もあると思います。

その場合は両方とも書き出してみましょう。

例えば・・・

騙されて大金を失ったけれど、その出来後によって

「人を信じるのではなく自分を信じよう」と思った等です。

 

色んな出来事を通して、自分という存在を確立していくように人生がデザインされているようなんです。

ワーク3:検証する

書き出すことができたら、あなたの経験を検証してみましょう。

 

<プラスの価値観だけの場合>

プラスの価値観だけしか思い浮かばなかった場合、現在の自分はそれらの価値観を持続できているのか?日常に流されてネガティブな価値観で生きていないか?考えてみます。

人生がうまく行っている時は感謝できても、うまくいってない時はついネガティブになってしまいがちです。

私の場合、当時の自分を思い出しながら記事を書いているので、その時の価値観を思いだしたことでまだまだやりたいことも、やれることも沢山あるとポジティブな感覚になれました。

多少、辛いことがあっても常に私は導かれているから大丈夫と思うようにしています。

実際にそれが、引き寄せにもなって良いように変化するのです。

 

少し話は変わるかもしれませんが「フォレストガンプ」という映画を見たことありますか?

フォレストガンプとは主人公の名前です。

彼は知的障害を持っているのですが、それとは関係なく人との出会いを大切にすることで幸せや成功を掴んでいく物語です。

例え困難があったとしても、普通では考えられない意志の強さで乗り超えていくのです。

この映画で「一期一会」の意味と人生とは?どんな意味を持つのかを教えてもらいました。

だいぶ前の作品ですが、大好きな映画です。

 

<ネガティブな価値観の場合>

逆にネガティブな価値観の場合は

何で自分だけが苦しまなければいけないのか?とか

こんな人生なら死んだ方がましなのではないか?とか

こんな自分なんて生きている価値がない・・・等

いろいろな考えが浮かんだかもしれません。

 

ここで少し冷静になってみましょう!

その苦しみは自分の魂が、あなたの成長の為に用意してくれたギフトだと捉えてみます。

それらの経験を通してあなたの魂は何を学びたかのでしょうか?

さらに、その学びを活かすことができるとしたらどんなことが出来そうですか?

その苦しみを経験したあなたにしかできないことがあるとしたら何ですか?

という風に、苦しみの経験として終わらせるのではなくその経験が、あなたの「使命」や「役割」に気付くために必要だったと考えてみて欲しいのです。

 

私には「これ」があったんだ!=自己肯定感の材料

そんな綺麗ごとで片付けられないほど、辛い経験をした方もいると思います。

しかし、それらの出来事によって決してあなたの価値を低く見ないでください。

あなたにしか無いもの

あなたにしか出来ないこと

あなたにしか果たせないこと

が絶対にあるのです。

 

自分には何の取り得もないと言われる方がいます。

そう思っている間は自分のいいところを見つけ出すことはできません!!

何となく、こんな事かな~と漠然としたものでもいいんです。

何故ならそれが本当にあなたの「使命」や「役割」なら自然にその方向に導きが起こってくるのでだんだんと明確になるのです。

 

もしくは、現在あなたが挑戦してみたい出来事があればそれも魂の導きかもしれません。

いずれにしても自分の使命に気づくと、ブレなくなるし他人に流されなくなります。

 

あなたにしか出来ないことがあるのに、人と比較してもまったく意味がないからです。

誰が何と言おうと、あなたは素晴らしい存在なのです。

そのことに気付いたら、自分を肯定できる要素も書き出してみます。

無理やりでも肯定することで潜在意識も味方につけます。

 

例えば、私は自分の低い鼻が嫌いでした。

何でこんな鼻なんだろうってずっとコンプレックスだったんです。

今はまったく気にならなくて、逆に可愛い鼻だな~って思います。

気のせいか昔より高くなっている気さえします(笑)

 

こんな感じで、肯定できる部分を探しだします。

爪の形が綺麗とか

植物を大事に育てるとか

人の話をちゃんと聞く・・・等

それさえもあなたの「使命」や「役割」に気付くヒントかもしれないのです。

爪が綺麗→ネイリスト

植物を育てる→アロマセラピスト

人の話を聞く→カウンセラー

という風に自分の取り柄から探し出すこともできます。

 

これなら自分でもやれそうと思うことが、さらにあなたのモチベーションとなって行動を起こす動機につながりさらに潜在意識がシンクロという導きを起こしはじめてきます。

ネイルスクールのチラシを見た

アロマセラピストの無料体験があった

カウンセラーの資格を持った人に出会った

これは偶然ではなく、あなたがそこに意識を向けたことでその情報を引き寄せたのです。

ここまできたら、あとは1歩踏み出すだけですね!

あなたは常に導かれているということを忘れなければその「サイン」に必ず気付く事が出来る様になります。

あなたの可能性の扉を開く鍵はあなたの中にあるのですから

 

まとめ

今回は人生を変える「自己肯定感の高め方」についてお伝えしました。

もう一度、まとめますと

 

自己肯定感を高める答えは自分の「使命」「役割」に気づくこと
あなたの存在理由を知ることで価値のある人生に変化します。

最悪な出来事から自己肯定感が生まれました(実話)
辛い出来事を経験したからこそ人生の大切さを知りました。

今すぐできる!自己肯定感を高めるワーク
ワーク1:人生の転機となる出来事を書き出す。
ワーク2:マイナス要素・プラス要素を書き出す
ワーク3:検証する

私には「これ」があったんだ!=自己肯定感の材料
新たな価値観を発見することで自己肯定感が生まれます。

以上をお伝えしました。

また何かモヤモヤするとか、自分の「使命」や「役割」を明確にしたいという方はご相談下さいね。

魂を目覚めさせ
人生を根本から変える教科書
無料プレゼント!
今すぐ無料で読む

🌺教科書リリース特別ャンペーン🌺
今ならダウンロードいただいた方の
セッションが半額に!