ホーム > SOULBODYスタッフプロフィール > 西村太プロフィール

西村太プロフィール

1本の電話で人生がかわった!

私は、今まで、医療業界と介護業界で約1,000人を超える方の入社面接に立ち会い、その後の人材育成を行ってきました。

新規施設の立ち上げでは、50人以上の採用を一度に行い、当然その後の人材育成と職場環境の改善を行い、職場に遣り甲斐や生き甲斐を感じるまで、集団、個別でスタッフに対面で向き合い変化が出るよう育成してきました。

入社される方それぞれ目的を持って入社されますが、前職で望む結果が出せなかった方、これまでの経験を生かした仕事をしたいと考え転職した方など、新たな希望と新たな人生をサポートする私は、一人ひとりの希望を聞いた上で、結果を出せる様に常に考え、育成に励みました。

中には、給料を貰えればいいという方も勿論いらっしゃいました。
それも、1ヶ月後、3ヶ月後に、一人ひとりの希望に則した仕事の内容や環境にも考慮する事で、入職者の自身の変化、進化、成長により、ヤル気と根気スイッチを見つけ、その方の性格や職能を活かした業務内容の構築やスタッフ同士のマッチングにより、当初2人で設立した会社は、5部門(約100人の従業員)となり、純資産1億のAランクの企業に成長しました。

特に、一対一で行うカウンセリング(元々は厚生年金病院での医療ソーシャルワーカーでした)では、その方の本当にやりたかった事に注目し、時には人生の目的まで伺い、相手の意識に働きかけ、潜在的能力の開化させることで、「素直な気持ちに気づいた!」「やっと本気になった!」その結果が、上記の純資産一億の通りです。

今まで職を転々とし、何をしても変われなかった方
本来の自分らしい人生を生きる事を諦めかけていた方を導くことが
当時の私の使命だと思っていました。

私の究極の思いは、

“健康で豊かな明日をデザインする、
本来持っている可能性を活かし、楽しい仕事で能力を最大限に発揮する、
職業人生だけでなく、プライベートの人生をも豊かに創造できる”会社でありたい。

そう願っていました、しかし

絶対にあなたに伝えておきたいことが3つあります。

その一つ、人生は「新たな可能性に満ちている」であり、
そのことに気づけば、自分の創造もしない素晴らしい人生をクリエイトできるということです。

こんな経験ありませんか、親や学校先生から「そんな勝手な事は、絶対に許しません」や「そんな、危ない事してはいけません」とか言われて、本来やりたかった事が出来なかった。

遊んでいて転んでしまい「痛いよ~」って親に伝えたとき「大丈夫だから、泣かない」や「そのぐらい、男の子だから我慢する」って素直に感情を表現しただけなのに、何故か否定された。

実はこの時、脳の中で「乖離(矛盾)」が生じています。
いわゆる「感情のブロック生成」です、本人は無意識なのですが。

そこで、その乖離に焦点を合わせ、ブロックを外す(体と心と頭の感情の統合)事で、その人の本質に近づいていくし、
そして、本来の自分の選択肢が楽に行われるようになり
結果、望む人生を手に入れる事ができると思っています。

二つ目は、変えられることを変える“力”を目覚めさせるということです。

日本人は幼少期より、集団行動や目立たないように行動するように
学校教育で教わり、その影響か、周囲に合わせるという事が美徳で
そのように振る舞う事が、正しいように思考に埋め込まれています。

勤務していたクリニックの心療内科に来院される多くの方が
自分を見失い「抑うつ状態」で来院されます。

でも、もっと早く、自分の人生を歩むことが許されている事、自分の人生を選択する自由が本当はあり、変化する事ができると気づけたら、変化はいつも「本来のマインド」に中にある。

この“自分で変化を起こす力”に目覚めたら、
その力を自らコントロールする事が、自分らしい人生を自由にデザインでき、健康で豊かな明日になるのではないかと思います。

三つ目は、私自身この事に気付くのに少し時間がかかりましたが、本当に自分を大切にする事です。

難病とうつ病を通して7年間自分を見つめる時間ができ、ようやく本当の自分を生き大切にする必要性に気付きました。

私は100万人に3~4名の難病で生死をさまよい、死の淵から奇跡的に命を繋ぎその後医療センターで1年間入院、退院後は今までの生活や仕事を改めよう、そう決めたものの退院して家に帰ってみると、元妻が預貯金をつかい果たし経済的状況を立て直す必要があったのです。

職場に復帰することを余儀なくされ、その頃には以前のような仕事に対する情熱も失って、本当の自分を生きたいと思う自分と果たせなければならない仕事の責任と何をすればいいのか解らなくなっていたのです。

自分でも気づかないうちに無理していたのか、病気をする前のようにまだ頑張れていない自分とのバランスが音を立てて崩れ落ち、仕事中に倒れ意識がない状態で病院にばれたのです。

色んな責任や重圧や難病再発の恐怖から逃げるように空回りしているだけの自分がそこに居たのです。

誰かに話を聞いて欲しい

誰かに認めて欲しい

間違ってないよと言って欲しい

自分の価値というか、存在理由というかそういうものが薄れていたのかもしれません。

一緒懸命に頑張ってきたのに自分の考え方が間違っているのか?と自分を責める毎日。

頭が回らない、計算ができない、覚えられない、話しを理解できない、眠れないなど、心臓がバクバクし目の前が暗く、息苦しく、助けてほしいという気持ちでした。

そして、重度のうつ病に。

それは、脳がシャットダウンし考えることを無理やり辞めさせられたのかもしれません。

何とか期待に応えなきゃ、何とか闘病前の自分に戻らなきゃと自分の身体を酷使し続けた結果です。

私は誰よりも頑張ってきたはずなのに…私は死を選択することしか考えられなくなったのです。

だけど出会いって必然に巡ってくるものですよね。

そんな運命の転機が私にも訪れたのです

それがヒーリングによるスピリチュアルカウンセリングと1本のアロマオイル(ペパーミント)との出会いでした。

正直ヒーリングって・・・?

最初はちょっと抵抗がありました。

しかし、気づけば私は自分自身気づいていなかった思いを吐き出しているうちに泣いていました。

自然と涙が出ててきたんですね。

セラピストさんに「他の人には他の人の頑張り方があるように、あなたにはあなたなりの頑張り方があるのよ、少しの間でいいから“自分のため”の時間を持ちましょうね。』

といわれ、やっと無理をするのを辞めようと思えたのです。

セラピストさんいわく、自分に起こっている最悪でしかない現実は、自分を大切にしてこなかった結果だと言われました。

自分を大切にする?

そんなこと考えたことがなかったのです。人の為、妻や子どもの為、会社の為、地域の為、社会為

そんな自分が…

ペパーミントの精油はうつに効果があるらしく、ペパーミントの香りがとても爽やかで窮屈だった俺の心(感情)を解放してくれたことを今でも覚えています。

その他に私の潜在意識にある思い込みを書き換えて頂きました。

自分が家族を支えなければ

自分が頑張り続けなければ

自分が調和を保たなければ

などなど今、思えばそんなことでは

うつ病になって当然です。

支配的な父親から幼少期にかなり強く極性が反対になりトラウマ以上の乖離(矛盾、心の葛藤)を体験させられ、自分の人生の半分を無駄にしたように今では感じています。

ヒーリングによって、その日を境にどん底の世界から抜け出す事が出来るかもしれないと思えるようになりました。

私はこれまで、他者にばかり意識を向け続け、自分のことを疎かにし過ぎてきました。

心に余白が無くなりうつ病になったのも身体が自分の心の声に耳を傾けるように教えてくれたんだと思いました。

自分を大切にできたら、人にも優しくできてそんな自分をもっと好きになれそうな気がしています。

何をやっても、なかなか変われない人たちが
変わるため取り組むべき本当の課題は何なのか…

そのことを追求し続け、体系化したのが
最新メソッド『Five Element Emotions』です。

変われないのには、原因があります。

実は、原因と思い込んでいる思考の奥には、「必ず何んらかのメリットが隠れてます」それを突き詰めずに、
海外の精神療法や〇〇ボードに願いを書いたり、引き寄せの法則を実践したり、
NLP、コーチングなど概論や手法を身につけても、
何も変わらないことは、あなたが一番知っているはずです。

そのメリットに気づき、必要な書き換えすることによって、
人生は大きく変わり、動きだします。

性格を作り出す要素を理解し、作り変える方法を知る事でガラリと人生が変わります。
新たな人生の扉を開けるのは何時もあなた次第です。

過去の辛い出来事は未来でしか輝かせる事は出来ません。今までの人生のパターンを脱して、新たなステージに立ちたいとは思いませんか?
森田療法(東京慈恵会医科大学森田療法センターで行われている療法)や日本感情心理学会での学びも加味した内容となっていますので、実践して頂くと、今まで体験したことのない結果になる事は承知しております。

医療従事者の自分がうつ病になり、薬では治せない心の分野をケアする大切さを実感でき、新しいメゾット『Five Element Emotions』まで生み出す事が出来たのは、苦しかったけれど「病」「父親」「スピリチュアル」からの学びによるものです。

今の私に出来る事、それは、楽に人生を歩んでいける心の在り方を、苦しんでいる方々にお伝えする事だと思っています。

資格

氏名 エンジェルランドパーク株式会社 取締役副社長 西村 太
所属学会 日本感情心理学会正会員

理事長 中村 真

宇都宮大学国際学部助教授

日本質的心理学会 正会員

理事長 能智正博

東京大学大学院教育学研究科教育学部

臨床心理カリキュラム論教授

森田療法学会正会員

理事長 中村 敬

東京慈恵会医科大学附属第三病院院長

東京慈恵会医科大学精神医学講座教授

資格 心理学系(厚生省)

JSMT森田療法セミナー入門修了

JSMT 森田療法アドバンス修了

THP心理相談員指導者

教育系(文科相)

中学校教諭一種免許状(社会)

高等学校教諭一種免許状(社会)

養護学校一種教員免許

医療、介護系(厚生省)

ケアマネジャー

社会福祉主事

児童福祉司任用資格

児童指導員任用資格

知的障害者福祉司任用資格

身体障害者福祉司任用資格

建築系(経産相)

福祉住環境コーディネータ2級

福祉用具専門相談員

高度医療機器管理

ヒーリング系 シータヒーリング(基礎・応用・アナトミー)

楽絡感情解放アロマ®基礎・応用インストラクター

楽絡感情解放アロマ®フット講師

楽絡感情解放アロマ®心理セラピスト講師

楽絡感情解放アロマ®ライフアロマ講師

アクセス・バーズ(Access Bars®)

アクセス・ザ・ファンデーション(The Foundation)

アクセス・コンシャスネス3ディボディクラス(3Day Body)

バーズ・フェイス・ボディファシリティター

おそうじ風水(基礎・実践)

からだ風水講師

Five Element Emotions講師

マインド研修講師

その他 統計心理(初級・中級・上級)

防災士

職歴 H3年 厚生年金病院医療ソーシャルワーカー

内科 リハビリテーション病院医療ソーシャルワーカー

介護老人保健施設支援相談員兼総務課長

内科 心療内科クリニック

法人経営企画部長

H13年 有限会社設立

取締役部長

委託給食提供業務

病院食(治療食全般 職員食)H

介護施設食(介護食 キザミ食 トロミ食)

保育園完全給食(離乳食 常食 職員食 行事食)

H18年会社法改正にて株式会社に変更

専務取締役に就任

特定有料老人ホームの運営

居宅介護支援事業者の運営

訪問看護ステーションの運営

人材派遣事業の運営

その他業務経験 介護老人保健施設建設

内科病院改築

内科 心療内科建設

看護学校の講師(社会福祉概論)

介護事業者の設立、経営コンサルティング

行政との連携

地域包括支援システム専門職

森田療法学会セミナー風景

森田療法学会セミナー風景1
森田療法学会セミナー風景2
森田療法学会セミナー風景3
森田療法学会セミナー風景4