ホーム > ソウルボディ福岡シータヒーリング

ソウルボディ福岡シータヒーリング

アマミキヨ神・イナリキヨ神 1

沖縄では大・大満足できました

特に沖縄の自然はいつでも全てを忘れさせ
「幸せ」 の境地へと連れて行ってくれますやし

今回は福岡から、お客様が来ていたので
案内も兼ねて、彼女と縁のある場所へと
お連れしたのですが・・・

それは宇宙へと繋がる旅でした

彼女と最初に会った時に、天照大神が見えていたのと
2回目に会った時に「聞得大君」が見えていたので
「ノロ」の時代や琉球と関係があるということが解り

まずは、斎場御嶽へとお連れしました。

太陽が照りつける日差しの中で
大庫理(ウフグーイ)で手を合わせると
時代がタイムスリップしたかのように
聞得大君の即位儀礼の姿が見えてきました。

即位儀礼では聞得大君が神女としての証として
金の簪(カンザシ)を頂いたそうです
そんな雰囲気の映像が見えていました!!

200807211530000
次は三庫理(サングーイ)です

久高島に向かって手を合わせると
これまでにないエネルギーが突き抜けていきました

すぐ横には観光客が数名いるのですが
人の気配も騒がしさも関係なく、足元には
異次元の空間が広がっている様な感覚でした!!

そこで聞えてきたのが
「アマミキヨ」という言葉・・・???
どっかで聞いたことあったけど
アマミキヨとは琉球開びゃくの神だそうです。
(実は知らなかった・・・

その次に訪れたのが首里城の側にある
王族のお墓「玉陵(タマウドウン)」でした。
お墓とは思えない程のスケールと神聖な
たたずまいは何度来ても感動です。

首里城の池のほとりにある弁財天を御参りした後
ぶくぶく茶屋で休憩をしました~

ぶくぶく茶も美味しかったけれど
もっちりした葛餅も美味しかった

そして、そこに置いてあった本をめくってみると
アマミキヨが住んでいた場所が古宇利島と書いてありました。
(色んな説があるので古宇利島に限定できませんが・・・)

今回は天照と聞得大君の案内の下、導きに任せているので
次の目的地はどうやら古宇利島のようです

夕食は魚のバター焼きを満喫して頂き
明日に備えて早めに帰宅・・・

そして旅は2日目へと続くのでしたゴーヤー

早起きは3文の徳

今日は珍しく早起をしました!!
起きた瞬間、龍神に会いに行こうと思い
テキパキと家事を済ませ、近所にある
小戸公園へと向かいました

008
小戸公園の中にある妙見神社です。
鳥居から丘を登ると、小さな祠が祀ってあります。

龍神に「お招き頂き、ありがとうございます」と話すと
「呼んだのは私ではない、聖観音だ」と教えてくれました。
それ以外にこれから先の在り難いアドバイスを頂き
周りを見渡すと・・・

確かに手作りの聖観音様の写真があります。

009

マジマジとその写真を眺めていると、近くにいたオジサンが
「気に入ったのなら持っていっていいよ」と2枚の写真をくれました。

010

写真の横にはこう書いています。

人の法は地にあり
地の法は天にあり
天の法はすなわち道なり
道の法すなわち自然なり
人と自然との調和こそ
真の道なり

何だかとても心に響く言葉です。
大いなる存在というものがこの世界にはあって
私達人間は自然と共にに生かされているのです
自然と共に調和することは課題なのですよね

それ以外に「アヂマヌカ」という言葉を
朝、起きて100回唱えなさいと教えてくれました!!

南無阿弥陀仏・・・
という言葉よもっと上の言葉だそうで
唱えてみると「感謝」という感じのエネルギーです
「ありがとう」を唱える感じで宇宙語なんだと思います!!

小戸公園は海の側にあって、気持ちのいい場所です。
朝早く来たことはなかったけれど早起きしたお陰で
とても得した気分で帰ってきました~

ってことは毎日早起きすれば・・・(むふふ~
明日も早起きするぞ!!おやすみなさい

立石山

昨日の新月も素敵な気づきがありました
私達は人生を通して何か特別なことを
しなければいけないと思ってしまうけれど

本当は存在しているえだけで十分なのです

001
(隣の家のベビーが誕生しました!!生後2週間の莉子ちゃんです。
莉子ちゃんの寝顔に癒されてきました~ 🙂 )

存在しているからこそ、人生を味わえるのです。
泣いたり、笑ったり、悲しかったり、苦しかったり・・・
自分という存在こそが最高なギフトです

そんな幸せ気分の中、今日はお友達のミモザさんと
立石山へ「龍神様」に会いに行ってきました~

ミモザさんはベビーマッサージの先生をしている方です!!
www.royal-web.net/mimoza/
これから、パワフルに活動していく為のサポートに
龍神様の活力をあやかりに行ってきました~

002
建物の後ろに見えるのが立石山です

結構な急斜面を登ってきました・・・
003
山頂まであと少し

004
携帯の写真だからボケてるけれど
天気も良かったので 景色は最高でした

そして、いよいよ龍神様の祠へ・・・

005
面長の顔に、強さと優しさ慈悲深さを
感じさせる龍神様でした

「また、おいで」と龍神様から言葉を頂き
帰り道に見つけた朝顔の花言葉は愛と平静です。

006

登ったり、降りたりの汗だくの 汗登山のご褒美は
「煮付け定食」 心も体も大満足で帰ってきました~

007

山、自体がパワーのある「立石山」
大地を踏みしめ自然に返るにはおススメの場所です!!